YS亭TOP > 情報MAP > 温泉地

YS亭 情報 Mapへ戻る
温泉地
Pageの下へ

phot マークが付いていれば、フォトアルバムでフォトが観られます。
マークかサムネイル画像をクリックして下さい。

白浜温泉 万葉の昔からの名湯の地として知られる。牟婁湯、紀温湯などと呼ばれ、大宮人が湯治に訪れていた。最近は、温泉入浴施設やアミューズメント施設などが充実し、関西有数のリゾート地となっている。白良浜、三段壁、千畳敷、アドベンチャーワールドなどが有名。南紀唯一の空港、南紀白浜空港がある。和歌山が生んだ天才博物学者、南方熊楠の生涯をたどることが出来る、南方熊楠記念館もここ白浜にある。
白良浜

十津川温泉 1000m級の山々に囲まれた日本一広い村、秘境の十津川村にあり、十津川温泉、湯泉地温泉、上湯温泉の3つの温泉が十津川とその支流沿いにある。十津川温泉の東、標高1076mの玉置山には、熊野三山の奥の院といわれ、巨大杉に囲まれた玉置神社がある。
十津川

龍神温泉 「役の行者」が発見して、「弘法大師」が開湯したとされ、1000年の歴史を刻む名湯。又、紀州藩御用達の湯としても栄えた。美肌効果が高く、群馬の「川中」、島根の「湯の川」と並び、日本三美人の湯といわれている。日高川沿いの深い山々に囲まれた秘境の温泉。
龍神温泉

勝浦温泉 白浜温泉と並ぶ南紀のリゾート温泉郷で、大小のホテルや温泉施設が点在する。熊野三山の一つ「那智山」の麓に位置し、熊野詣での湯垢離場であったとされる「湯川温泉」などがあり、古い歴史がある。ホテル浦島にある温泉「忘帰洞」は、紀州の殿様があまりの心地よさに、帰るのを忘れたのが名前の由来とされている。また勝浦湾一帯には、大小の島々が点在し、複雑な海岸線が見事な景観を生み出し、紀の松島と呼ばれている。勝浦漁港は、生マグロの水揚げ高が日本一で、日本有数のマグロ漁業基地として知られる。
紀の松島

湯の峰温泉 日本最古の湯ともいわれ、熊野三山の一つ、熊野本宮大社に詣でるための潔斎場のなごりといわれる「つぼ湯」が湯の谷川の河原にある。一日に七回色を変えるといわれる不思議な湯で、その昔「小栗判官」がこの湯で病を治したという伝説が残っている。
湯の峰温泉フォトアルバムへ
つぼ湯フォトアルバムへ

川湯温泉 大塔川の河原に湧く温泉。河原のどこを掘っても泉温78℃のお湯が湧き出す。夏には水遊びのあと、河原を掘って自分だけの露天風呂を作る楽しみがある。また、11月から2月まで、河原を大きく囲って作られる「仙人風呂」は、川湯温泉の冬の風物詩になっている。
川湯温泉フォトアルバムへ
川湯温泉フォトアルバムへ

Mapへ戻る Pageの上へ